索道アーカイブス

3Sロープウェイ  ピーク2ピークゴンドラ
 ドッペルマイヤーのゴンドラリフト THE PEAK 2 PEAK GONDOLA
【ピーク2ピーク・ゴンドラ】
 2010/3/6 カナダ/ ウィスラー・ブラッコム

北米ナンバーワン・スキーリゾートとして、日本のスキー・スノーボードファンにもおなじみの、カナダのウィスラー/ブラッコム。

ウィスラー ピーク2ピークゴンドラ 3Sロープウェイ
ウィスラー・ボウル

今回は、同スキー場に昨シーズン(08-09シーズン)にオープンしたウワサのスーパーゴンドラ、PEAK 2 PEAK GONDOLA(ピーク・トゥ・ピーク・ゴンドラ)の現地レポート。


ピーク2ピーク・ゴンドラ
は、今年(2010年)のバンクーバー冬季オリンピックのアルペンスキーの会場にもなったウィスラーMt.と、隣接するブラッコムMt.を、その名の通りピーク側で結ぶという画期的な索道。


3Sロープウェイ ピーク2ピーク・ゴンドラ
ピーク2ピークゴンドラ (ドッペルマイヤー 3S)

ドッペルマイヤー・ガラベンタ・スイスの技術協力の下でおこなわれたこの総工費43億円の壮大な索道建設プロジェクトは、2007年4月の起工から2008年12月の竣工までの20ヶ月間公式サイト内のブログと、ビデオ(かっこいいティーザーあり)で工事の進捗の様子がリアルタイムでアップデートされ、世界中のスノーファン・索道ファンの注目を集めた。

ピーク2ピーク・ゴンドラで採用されているシステムは、世界最大の索道メーカー、Doppelmayr(ドッペルマイヤー)の3Sシステム

トライケーブルのデタッチャブル・ゴンドラリフトの頂点に立つ同社のフラッグシップ・プロダクトで、ドッペルマイヤー傘下のCWA製の洗練されたデザインの搬器(3Sキャビン)が目印。

3Sのノウハウは1996年に現・ドッペルマイヤーによって開発され、デビューは2002年のバルディゼール(フランス)。

現在、ウィスラーの他にキッツビュール(オーストリア)、ボルツァーノ(イタリア)などのスキーリゾート(マウンテンリゾート)を中心に世界6カ国9箇所で運行中。

ドッペルマイヤー 3Sロープウェイ
雄大なカナディアンロッキーをバックに運行する、ピーク2ピーク・ゴンドラ。

ゴンドラの乗り心地は、とても静かで速い、という印象で走行中の振動もほとんど無く、フニテルのような安定感があった。

ゴンドラは全部で28機あり、1機が28人乗りとデタッチャブルとしては大きく、キャビンには24席のシートがあるので、「運の悪い4人」以外は、板を持ったまま11分間立っている必要はない。

ウィスラーは、オールシーズンのマウンテンリゾートなので、ピーク2ピーク・ゴンドラは通年運行。そのため、バリアフリーも徹底していて、駅舎も階段や段差を極力排除した設計となっている。

ウィスラーをはじめとした北米やヨーロッパのハイエンドなスキーリゾートが最新テクノロジーの索道の導入に莫大な投資を惜しまない理由は、索道の性能が彼らの収益に直結するから。
ウィスラー シンフォニーエクスプレス 3Sロープウェイ
シンフォニー・エクスプレスの山頂停留所(ウィスラー/ピッコロ・サミット)

ウィスラーでは、06-07シーズンにも総工費9億円以上をかけ、ウィスラーMt.の森林限界を超えるBCエリアまで(ピッコロ・サミット)スキーヤー・スノーボーダーを一気に運ぶ高速リフトSymphony Express(シンフォニー・エクスプレス)を新設している。


カジュアルで洗練された街、ウィスラー・ビレッジ

3Sロープウェイ(PEAK2PEAK)の公式紹介ビデオ

ウィスラー/ブラッコムの公式紹介ビデオ

− 巨人の肩の上で 〜 ウィスラーのゴンドラ物語 −

2010年からこの記事にリンクを貼っているので、もう観た人も多いかと思いますが、ウィスラー・ブラッコム製作のビデオ、On the Shoulders of Giants(巨人の肩の上で) -2009年度作品)を改めてご紹介。

On the Shoulders of Giants(巨人の肩の上で)

このビデオは、20世紀のレジェンダリー・スキーヤーたちの証言によるウィスラーの歴史紹介と、ピーク2ピーク・ゴンドラの建設作業で各工程を担当した専任エキスパートやイントラウエスト社幹部へのインタビューを交えた索道建設ドキュメントの2部構成。

都市型ロープウェイ ドッペルマイヤー 3S ピーク2ピーク
ピーク2ピーク・ゴンドラ ウィスラー・マウンテン駅

索道編(12:50あたりから)の見どころは、ピーク2ピークゴンドラのウィスラー・マウンテン駅を新設するために、既存の高速クワッド、Solar Coaster Express の上部停留所を「まるごと」450m下方に移動させるシーン。

また、長さ27000m、ひとつのリールの重さ90トンの索条を船でスイスからパナマ運河経由でカナダへ運び、バンクーバー港で陸揚げ後、鉄路と12輪のスペシャルトレーラーで現場まで運ぶ様子も圧巻。

多くの人々が関わる大プロジェクトを追うドキュメンタリーなので、索道やスキー・スノーボードに関心がない人でも、人間ドラマとして楽しめる内容。一見の価値アリ。


ピーク2ピークゴンドラ 
名称 The Peak 2 Peak Gondola
事業者 INTRAWEST (イントラウエスト)
索道の方式 28-TGD/3S
ゴンドラタイプ Doppelmayr 3s bahn (ドッペルマイヤー 3S )
総延長 4,400m
最高所 地上436m ★
搬器の数 28
支柱(基) 4
支柱の最大径間 3,024m
支柱の高さ 35-65m
速度(毎秒) 7.5m
発車周期 49秒に1台
乗車時間 11分
最大乗車人数 28人
最大輸送(毎時) 4,100人(片道2,050人)
施工 Doppelmayr

★印は世界記録。また、連続的に接続されているリフトシステム(Whistler Village Gondola - Peak 2 Peak Gondola - Solar Coaster Express - Wizard Express)の総延長も世界一。


索道・ロープウェイ・リフト・フニテル

ドッペルマイヤー3Sとは

最新索道レポート

ウィスラーのゴンドラ

ロープウェイの仕組み

都市型ロープウェイについて

スキーと索道のリンク













  もどる