新設ロープウェイ・フニテル・リフト

ロープウェイ スイス サンモリッツ
 2016/3/25 スイスのスキー場とロープウェイ  Piz Nair ATW, St.Moritz
【ピッツネイル・ロープウェイ】
 2016/3/25 スイス / サンモリッツ

今回は、2016年3月に訪れたスイスのサン・モリッツ(St.Moritz)からのレポート。

スイス サンモリッツ
山頂から氷結した湖を超えて対岸の街を結ぶ、サンモリッツ・バッド・ロープウェイ。

スイスには何回か来ていますが、スイスのスキーリゾートは、斜面に関しては素晴らしいのひと言に尽きる反面、ほとんどが19世紀に開発されたところなので、リゾートとしては正直いまいちアカ抜けない印象を否めません。

そんな中で、洗練された正統派ヨーロッパ高級アルペンリゾートとして知られているのがサンモリッツ。日本でもお馴染みの街ですね。


洗練されたアルペンリゾート、サン・モリッツ。

サンモリッツ(エンガディン)は大小あわせて11のスキー場で構成され、60本のCPTが運行しています。

CPT(Cable Propelled Transportation)とは、外部にある動力を伝えるケーブルによって推進する交通システム。すべての曳索式索道やケーブルカー(ラック式を除く)などがこれに該当します。

索道のように曳索がキャビンの上にあるものがTS(Top Supported)CPTで、ケーブルカーのように下にあるものがBS(Bottom Suported)CPT。スイスのスキー場はとにかくケーブルカーが多いです。

フニクラー(ケーブルカー)
ケーブルカーはBSCPT。コルヴィリア・フニクラー(コルヴィリア)


サンモリッツの場合、ロープウェイやフニクラーなどの規模の大きなCPTはコルヴィリア(Corviglia)という、サンモリッツを代表するスノーエリアに集中しています。サンモリッツでは1928年と1948年に冬季オリンピックが開催され、コルヴィリアは2回ともアルペン競技の会場でした。

今回紹介する索道はコルヴィリアから標高3024mのピッツネイル(Piz Nair)山頂までスキーヤー・スノーボーダーを運ぶピッツネイル・ロープウェイ。現在のシステムになったのは2002年なので、最新索道レポートのコーナーで紹介するのは微妙ですが。

サンモリッツ ピッツネイル ロープウェイ
ピッツネイル・ロープウェイ(コルヴィリア)


同ロープウェイはガラベンタの100人乗り交走式。スペック的には今どきのリバーシブルそのもので特に大きな特長はないんですが、山頂駅の標高3024mは自分が今まで利用した普通索道では4番目に高いもの。

因みに利用した中で山頂駅の標高が一番高かったのはマッターホルン・ロープウェイの3883m。2番目は3458mで、次回その索道のレポートをアップする予定なので乞うご期待。3番目は以前ここでレポートしたシム・キャロン・ロープウェイの3161m。

なお、世界一高いロープウェイ山頂駅は、標高13000フィート(約3963m)のものが2014年に南米(ボリビア)にオープンしたようです。ミ・テレフェリコというMGDの都市型ロープウェイ★注ですが、まぁ自分が利用することは一生無いでしょうね。

スイス ワールドカップ アルペン 2016
FISワールドカップ2016・男子スーパーG決勝の様子。優勝は地元スイス。

サンモリッツではちょうどFISワールドカップ2016が開催中で、街はライブイベントやエアーショーでおおいに盛り上がっていました。

2015-16シーズンのヨーロッパは雪不足でWCの会場の変更が相次ぎましたが、サンモリッツは雪たっぷりで全く問題なし。3月でもピステのコンディションは最高でした。

サン・モリッツの公式紹介ビデオ


索道データ
名称 Piz Nair AT, Corvigilia, St.Moritz
事業者 St.Moritz Engadin Mountains
索道の方式 ATW
ゴンドラタイプ Gangloff Cabin1
開業 2002年
キロ程 2,418m
高低差 543m
山頂駅標高 3,024m
山麓駅標高 2,490m
速度(毎秒) 10m
搬器 2
最大乗車人数 100人
最大輸送(毎時) 720人
施工 Garaventa

★注 都市型ロープウェイは、ヨーロッパや北米より、コロムビア・ベネズエラ・ブラジルなどの南米や北アフリカ、アジアに多い。

アイコン/素材

失われたロープウェイ

索道とは

最新索道レポート





このサイトについて

索道リンク













  もどる